イヤ近年稀にみる寒さ

7pm 女房殿が帰宅した時分の、外気温計。
うぇ上郷寒い…

***
遠近感おかしな感じしますねー奥はランドローバーのエンジンです。
どうりででっかいわけです笑
オーバーホールの支度です。

手前は店主の本番車エンジン。
この後、積むだけ積んで帰宅しました。

ばっちり。

よみがえりましたー
調子いいー

おや後方に『本番車』。
いい加減手をつけないと…

***
Mk1 のサイドブレーキを支度しています。
フライオフになっています。

どんがら

先日、私の後ろで誰か(ボディスタッフ)が Fiat 500 をバラしていましたが、

どんがらになったので、昨日のうちにスチーム洗浄しました。
近々、ボディワークに入ります。
色は…フェラーリの赤!
の予定。

これまで、自分のお気に入りの車は白しか乗ったことがない方がオーナー。
今回はガラリと気持ちを変えるそうです…気が変わらないといいなぁ。

ダッシュボードのビニールレザー

夫が2階へ上がってきて、手製の型紙を使って黒のビニールレザーを切り出しています。

あれ?
ほぼできあがった Mk2 は、ベーシックモデルのはず…
昨日の記事で、Moto-Lita のハンドルがついたところを写したけど、ボディと同色よね?
切り出したペラを持って、さっさと降りて行きました。
2階はありがたいことに、十分すぎるくらい暖かいので、正直外へ出たくありません。
おや?どの車の分だろう…と思いつつも、帰宅のタイミングまで確認せず。
ご存知の通り、ダッシュボードにビニールレザーを貼るのは、上級グレードに限られます。

あぁ、Mk1 の Cooper’S’ の分だったのね…納得。

エンジンかかった

なかなかこれを軸に進められなくて、遅々としていましたがようやくエンジンかかりました。
(えっと週末にはかかってた)
まだすることはありますが、これで転がれますから構内での配置換えも容易になります。
年の瀬へ向け、まだまだすし詰めですがおかしくならない程度にがんばります。

***

定休日、冬の土間からしんしんと上がる寒さを和らげてくれる相棒を調達しました。
わぁ…あったかそう。

当然のことながら、何回か冬を過ごすとペラペラになってきます。
あったかい秘密も、いつの間にかどこかへ。
お洒落、でなくて防寒は足元から。
しもやけは避けたいんですが、対策できるだろうか…

エンジン O/H です

お次はこちら、車検のタイミングでエンジンオーバーホールを承りました。
いわゆる『分かれ目』なので 直すか、買い替えか、悩んで一応新車も見に行ったんだそうです。

やっぱり直して乗りたい
欲しい車もないや

ってことで、頑張ります。

***
こちらさんは、昨日のうちにガラスを全部入れました。

この姿はまず見ない

店主が肩からかけてるもの…

バッテリーケーブルです。
普段見かけるとすれば、バッテリーのターミナルに繋がれてる部分がほんのちょろっとだけ。
これが車全体に電気を届けます。
だいぶきました…こちらも準備。

塗り直して、てろってろ(ちょっとやりすぎたかな…、と店主 談)
もうちょっとで地に足がつきます。

***
さて、女房殿ことわたくしは…
恒例クリスマスカードの製作に勤しんでおります。
2014年に作り始めて、以来年々ハードルを上げて自分の首を絞めています笑

あちらの方々は、東洋的なものにすごく魅力を感じるし興味を持ちます。
せっかく日本から送るから、『和』っぽいものがいいですよね…と思って探すと、
富士山
芸者
花吹雪
浮世絵(大抵が役者絵)
どうもこの辺りばかりで(うっかりすると複合してデザインされてる)、今イチな上に安くない。
じゃぁ作ったろうじゃないの…と、始めたんです。

2014

2015
この年は、マン島ラリーに行く時 手土産に掌に乗るだるま(Wishing Doll)を持っていったんです。

ちょっと飛んで 2019
このあたりからぐっと飛躍 笑
これはかなりのお気に入りでした。
切り抜いた紙に、透かし切りの古典柄(青海波・麻の葉・七宝)折り紙を裏から貼りました。
白の麻の葉は、グレーの画用紙で裏打ちするという手の込みよう。

2020
画像ありませんが、宝船の絵を描きました。
正月2日に、七福神が乗った宝船の絵を枕の下へ置いて寝ると、いい初夢を見られるという言い伝え
そのくらいを、英語でどうにか書いて添えた覚えがあります。
やった人がどれだけいるかは、果たして疑問です笑

2021
新兵器導入、エンボスペンとフレーク、エンボスヒーターを使ってリースっぽく描きました。
和っぽくはないけど、手作り感満載。

さて今年は…

濃いグレーのマーメイド紙にスタンプを使ってエンボス加工をして、そこに小梅を散らして…
和洋折衷のリースっぽく仕上げます。
トップには水引で拵えたリボンをグルーガンでつけます。

カワイイし、そこそこ気に入ってるんですが…貼り付けに時間かかる…
手作りのカードには毎年、年賀状に使うハガキを添えて発送しています。
グレイスのお客様は皆様ご存知かと思いますが、毎年ラリー車の写真を使っています。
活動報告のつもりで同封しているのですが今年は上半期、全日本に3戦出ましたが何というか
パっとしないので、趣向を変えました。
12月の上旬に印刷が上がってくるので、それまでには発送するまでにしておきます。


去秋〜冬はイタリアに航空便が遅れず、まさかの船便で対応したりしてました。
航空便 “Air Mail” でなかったら、なんて封筒に書いたらいいんだ?
調べたら

Surface Mail

へー!
Air = 空 に対して、Surface = 地球の表面 をつたって送られるから…なーるーほーどー!
でも一応書かずに郵便局へ持ち込み、「いつ着くかわかんないよ」とかさんざん言われながらも
「出さなきゃ着かないでしょ」と押し切って手続き。
窓口でハンコを押してくれました。

Sea Mail

なーんだ。
…そんなこともありましたっけ。
とにもかくにも、年行事 クリスマスカードのミッションは、目下遂行中です。