そうだ、お墓行こう2022秋『納骨』Day1

お店はお休みを頂いて、石川県のお墓へ行きます。
今回は墓参ではなく納骨。
9月に亡くなった義兄を納めに来ました。
530am に自宅を出て、昼頃には現地に入りました。
さすがに紅葉が進んでいます。

早く出てきたのは、渋滞を避けるためと前日のうちにお墓を清めておきたかったから。
お供えする花をスーパーでバラバラ買って現場で支度することにして、買い物してからお昼ごはん。


朝食は車の中で、前夜拵えたサンドイッチやらおにぎりやらで済ませました。
いつも立ち寄る亀屋さん、なんと昨日から新そばを出してるって!
早速お相伴にあずかりました。

草引いて、墓石清めて、買ってきた花あれこれの長さ揃えて活けて、周りの雑草も取り除きました。
お寺さんへのご挨拶も済ませてひと安心。
翌日のお約束の時間を少し過ぎた頃に伺ったので、奥様が日付を勘違いしたかと焦ってた…
申し訳ないことをしました…

いいお天気。
明日は雨だそうです…

宿に入って、明日の引菓子を受け取ってひと息。
晩ごはんは、能登牛(のとうしって読むのね知らなかった)を出す小さなお店へ行きました。
自分でハンバーグ作るのがイヤになるような(自分で用意してる素材のせいだから当たり前だけど)
ハンバーグをいただきました。

あぁ美味しかった。
さて、明日は納骨。
我が家の家長が逝っちゃったので、ビシっと送ろうと思ってるんですが…雨って…
(和装)

鮭の遡上みたいだ

今日の商談は、とってもあったかい気持ちになりました。
若いご夫婦で、ご主人もミニに乗りたいんだけどそれ以上に、奥様の気持ちが強め。

それもそのはず、小さい頃乗ってた…
つまり、ミニがファミリーカーだったんですね。
聞けば「私が生まれる前からあった…」
姿を聞くからに、Mk2 だったのかな。
ミニと家族とで撮った写真がものすごい量あって…なんて聞くとどうやら家族の一員であったんだろう
と勝手に想像。
家族が増えちゃった、犬を飼いだして…諸般の事情でやむなくおりたそうです。

鮭の遡上みたいです。
育った環境に戻る。
きっとミニのある家族との生活は、心地よかったんでしょう。
そういう若い方々に乗ってもらえたら、きっとミニも幸せでしょう。
古い車で子育てすると、感受性の豊かな子になりますよ(実証済み笑)

ここのところ、随分とわがままだったり勝手な物言いばかり聞くことが多くて、いささか辟易として
いました。
こういうお話は、心が浄化されます。

ラリージャパンが始まった

WRC(世界ラリー選手権)2022 第13戦(最終戦)、日本ラウンドが始まりました。
第11戦 ラリーニュージーランドで、史上最年少の世界チャンピオンが決まり、前戦のラリー
カタルーニャ(スペイン)で、マニュファクチャラーチャンピオン(トヨタ)が決まっており、
文字通り『消化試合』の様相…
でも、モータースポーツ後進国で世界選手権ラリーなんて、そもそもロケーションも厳しいし
観る側/魅せる側にも下地はないし…なので、チャンピオンシップがかかった大事なイベントとか
でなくてよかったかも。

ステージの幾つかは、昨年 “Central Rally” で店主・女房殿クルーが走っているところです。
昨年ラリージャパンがパンデミックで中止になり、中止になったイベントのアイテナリー(開催日程)
をベースに、JAF 公認のノンタイトルラリーとして開催されたのが、セントラルラリーでした。

さすがに世界選手権で使うコースだけあり、サーキットさながらに走る広いセクション(全日本では
そうしたコース設定はあまりしない)と、タイトな山道へ分け入って行くような変化に富んだ
ステージで、楽しんで走れました。

***

スポーツですから、「観戦」は最大のお楽しみのハズなのですが…
日本のラリーはとにかく

見せない

ギャラリーステージ、と呼ばれる観戦ゾーンは有料、ヨーロッパとかで当たり前のステージのどこでも
見に行けるようにはなっていません。
…とはいえ、日本は自動車の文化の理解も乏しくモータースポーツ後進国なので、自由に入れるよう
にしたら、トラブル続出は避けられないでしょうから、さもありなん なのですが。
(余談ですが今年、ベルギーのラリーで競技者がスペクテイター:観客に激突、死亡事故が発生
しています)

観覧席ですが、ラリージャパンのそれは めっちゃ高い!高い高い高すぎる!
これじゃ、普通にいろんな人の目に触れるのはほぼ不可能。
実際に見なきゃ理解もできないし、憧れも抱きようがない笑
ステージからステージへの移動区間(リエゾン)を、旗ふって わー って眺めて何が楽しい。
これじゃぁまるで、

野球の試合前だけちょろっと公開、本番はほぼ非公開よ ❤︎
見たきゃお金がいっぱい要るんだから、ね。

そんな感じです。
正しく伝わるわーけがない。
そういうことだから、ミニの M/T 車に乗ってるというと

「え!それってレース仕様?!」

トンチンカンなことを言われちゃうんだよー
(コレホントの話です)
この辺りについては、また後日触れます…

というわけで、ラリージャパンが始まりました!

立冬、そして皆既月食

昨日は立冬。
なのに日中は七分袖でも問題ないような、そんな陽気。
とはいえ、この1日2日で急に、落ち葉の量が増えてきました。

そして今日は、皆既月食。
加えて天王星が月に隠れる『天王星食』も起きているそうなんですが、同時観測は442年ぶり…
ちなみに天王星の発見は1781年だと言いますから、442年前にはそれが起きていることを誰もわかって
いなかった、ってことです。
次は322年後ですって。

***
今日届いた航空貨物に、こっそり忍ばせてあった夫の私物…
ずっと使ってたカモノハシペリーのマグ(UK 1£ ショップで購入)、先日割っちゃったので新調〜。
MG Rover Genuine(純正部品)

ですって笑

“ついてる” それでいいワケ?

Fiat 500 にクーラーが装着されている画像を、スタッフが先日ネット上で見かけました。

え何これ…ムリに決まってんじゃん。
Fiat500 のクランクシャフト、見たことある?
見たことあったら、「クーラーつける」なんてことできないと思うけどプロなら。
どうなの?
さらに言うなら、クランクプーリがオイルフィルターになってて、定期的に開けなきゃいけない。
考えたこと、ある?

ところでその車、試運転した?乗ってみた?
坂なんか、ぜーんぜん登らないでしょ?
元気に走れないでしょ?
「クーラーないと〜ムリ〜」って購買層は軽いノリで言う、思いつきで言う。
車の構造やキャパシティ、特性を考えたら…プロならできないよ。

「クーラーついてますよー」で、売れればそれでいいのかね。

どうしてあぁいうことするのかな。
こうやって、車が1台死んでいく。
思いつきで無責任にやったことが、古い車全般の評判を地へ落とす。
どの車も、とは言わないけど車種を選んで然るべきメンテナンスをすれば人より長生きするのに、
やれミニはぶっ壊れるだのと乗ったこともない人までが、都市伝説のように吹いて回る。
もう、冒涜でしかないと思っています。
車の文化が、日本では文化として認識されてないから…現状がある。

***
ミニのクーラーだって、イージーじゃない。
車への負担はそれなり。
ホントは推奨できない、私的にはかわいそうでしかないんだよ…。

また届いたよ

ラバーコーン使い切っちゃったので、また注文してましたが届きました。
この箱に入ってるので、1ロット。
あっという間に使っちゃうんだけど。
さぁ、足廻りを刷新したい方…暮れ前は車検なんかも立て込みますから、
今のうちにいかがですか…?

きのこ好き

先週見かけて、気になっていました。
今週も八百屋にいたので…

箱買いしてしまった…(家族の総意です笑)
朝、ソテーします。
ジャガイモとスープにします。
グラタンに入っても美味しいし
楽しみだなぁ(食いしん坊)

生徒が字を書かないって、どうなの?

高校一年生の娘の、小学生時代からの仲良しちゃん。
別々(でも学校同士は近所)の高校へ通っているので、一緒にいる時間がぐっと減りましたが、
互いにスケジュールの隙間を見つけては、会っています。
たまに JK らしくショッピングやら行きますが、そもそも2人は拙宅で過ごすことが多い。
一緒にいてもそれぞれ課題をやってたり…でも一緒にいる時間が大事みたいです。

どちらも入学の時にタブレットを購入(させられ笑)、授業中も提出物もそれを使います。
娘の学校はプリント・ノートと併用なのですが、お友達のところは

「ほぼ」字を書かない

毎日を送っているようです。
「漢字忘れちゃって〜」
そりゃそうだよ。
ちなみに娘は、テスト前になるとひたすら「書き取り」をしています。
私が「書いて」覚えることを推奨しているのもありますが、本人も書くことが好きなので書いて、
そしてそれを視覚で再度入れる…ことで、覚える必要のあるものを詰め込んでいます。
学ぶ人が字を書かない…考えられません。

親と学校の通信も、email なんだそうです。
イメージですけど、email だと手軽ゆえにつまんないこととかゴミみたいなことをすぐ尋ねたり
文句言ったりしそうですよね笑

そうだよ、もったいないよ

礼服をクリーニングに出してあって、受け取りに行きました。
するとおかみさんが

「皆さんにお願いしてるんですけど、プラスチックハンガーを回収させてもらってるんです」

ずっと違和感あったんです実は。
仕上がった洗濯物をそのままにお客様に届けるのに必要なツール。
でもそれが必要なのは、保管場所まで。
保管場所に行けばおそらく、クリーニングに出すような服はハンガーを用意しているだろうし。
前にクリーニングから上がった時のものを使っていたとしても、「もうある」訳で。
使い終わった(保管場所へ納めた)ら、返却するのは自然なこと。
付属するのがサービス、ってやっぱりおかしい。
だって大抵ゴミになってしまうもの。

とっても有益な活動だと思います。
喜んで、返却に行きます!