支度

週末のラリータンゴに向け、下準備中です。
2日目のアイテナリー(ラリーの日程)が、昨年のそれと全く同じことに気付いたので…
インデックスはステージの番号を振って貼り、指示された試走の順番にリングで綴じました。

試走が終わったら1度リングを外して、ステージの順番に並び替えてます。
初めて行くラリーでも、真っ白なページに予めステージの識別/ページを鉛筆で記してから臨みます。
大学ノートでやる人などいろんなタイプがいるようですが、整理する段階で私は1度結束を解くので
予め識別できるように書いておかないと、死活問題になります…
どのページを見ても、右だの左だのと数字と何やら暗号っぽい何かがお行儀よく書いてある。
10年前はロクに寝ずにノートを仕上げたものですが、寝ないと…
だから事前にできることはやって、不測の事態が最低限で済むように支度します。

今回は、ロードブックに貼るインデックスももう用意したもんね笑

夫は夜のちょいとした時間に、過去の自分らの車載カメラを見返してイメトレしてるみたいです。
今日は私も。

今回はクラブの他の面々も都合がつかず、ミニは我々1台のみ。
メカニックも同行せず、史上最高にミニマムな編成で行ってきます。

ずいぶん前なんだな

これは 2016 Rally Isle of Man 。
ミニがグランドスタンドに20台以上並んで、圧巻でした。

ダグラス市長を表敬訪問した年…
そうレッキの合間を縫ってみーんなノータイで行っちゃった、アレです。
市長と奥様は『メダル』…

スタートの日も、00カーのコドライバーをつとめてらしてノリノリでした。
レーススーツに『メダル』…笑

“Team Japan” があちらのコミュニティで定着し
…と思ったら、Rally Isle of Man は中止 ➡︎ 消滅するわ、世界規模のパンデミックだわ
コロナ明ける(梅雨みたいだ笑)と思いきや、ウクライナ x ロシアだわ…

5月にManx National Rally ありますけど、行かれないし。
マン島の定宿 Sefton Express からは、

「今年は何部屋抑えたらいいの?」

とかメール来ちゃうし。
(申し訳ないけど繰り越しといて、って丁重にお願いしました)

やれやれ。
つまんないから、動画でも見てしのぎます…

Kalle Rovanperä

強い。
WRC Round 3 Rally Croatia で優勝。
今年に入ってから、 Round 2 : Snow (Sweden) / Round 3 : Full Tarmac (Croatia) と優勝。
この週末は、最終ステージで逆転しての優勝。
強い。

2世はこの業界、少なくありません。
彼が強いのは天才だから?
いーえ。
天才ってよく言うけど、どれだけ『それ』に時間を使ってるか、のめり込んでるか、だと思うんです。
飛んじゃったブログにも掲載した気がしますが、Kalle Rovanperä 彼が彼たる所以はココに。
おそらく、場数が違う。
あらゆる路面、あらゆるシチュエーションで走ってるんです。

8歳、ラリーの練習を始めて最初の歳の映像。


3日間ラリーの様子を見てましたが、今ドキの車は車がやってくれるのを待ってる(全日本でも
一緒ですが)んですが、彼は待ってない。
そう動くように操作してるんです。
コーナーを曲がっていく、という同じことをしているようで実は同じではない。
この先が楽しみです。

***”
“News” に、2022年のゴールデンウィークの営業について、掲載しました。

レーススーツ

レーススーツをクリーニングに出していました。
だいぶ使い込んだものは、自宅の浴槽に浅くお湯を張り洗剤垂らして足踏み洗いしちゃうんですが、
こっちはまだ新しい(新しめ)なので…

昨日受け取りに行ったら、

「コレは女の子が着るの?女性ものよね?」

私のものだと伝えたら、えらくビックリしてた…なんでかな笑
2人1組で乗るラリーの助手席に乗ってること

「速く走ろうとする人の隣に乗って、速く走れるように道を読むの」

こう言っときました。
わかってもらえたかな。

がんばんないと

いろいろ動きます。

ひとまず置き場から持ってきました。
ボディの部分補修をして、走り出しの準備をしていきます。

キレイ担当は最近、トランスミッションの分解なども担います。
今日は、昨日温泉で長年の汚れを落としたシリンダーブロックを、更にキレイにしていきます。


Fiat 500L がお嫁にいくことになりました。

嫁ぎ先はグレイスのお客様のところですので、使い方もよく存じています。
日々の足にクリクリ役に立つことでしょう。
ちっちゃいけど、すごく有能です。
元気に走り回って、人の目について、可能性と現実を広く伝えて欲しいです。
グレイスでお世話する Fiat500 は、フツーに使えます。


お隣は、ラリー車に仕上げます。
1275GT です、かなりわかりづらいですが顔が四角いです。

この『文化の違い』よ

この週末に開催されていた Rally North Wales
1デイのイベントですが、ウェブサイトの “ヒストリー” の項にあるように

競技者による、競技者のためのイベント

友人が Escort のコ・ドライバーで参加していましたが、なかなか楽しんでいるようでした。
観る側 “Spectator” へのインフォメーションも徹底
Ari Vatanen のあまりにも有名な

Be Alert! Always expected the unexpected.
常に予期しないことを予期して注意せよ!


で始まる観戦者への注意喚起、各ステージの観戦ポイントへのアクセス(駐車場案内)、
そして最後には地元のスター、現役 WRC ドライバー Elfyn Evans(Gwyndaf Evans の息子)
による

Assisting the rally cars
ラリー車の手助けをすること


についてのリスク等についてページがありました。
もー話になんない、文化が違う…
日本はモータースポーツ後進国、つくづくそう思います。

なんでもある

よく「これもラリー」って言います。
良きも悪しきも、想定外の出来事などが起きた時。
人生何が起きるかわかんないよね、と通じるものもあり、そんな時『ラリーは人生のようだ』
なんて形容することもあります。

新城ラリー Day1 で起きたハプニングも、そう。
前走、前々走の車両に追いついてしまい、道を開けてもらえずコントロールしきれなくなり、
コースオフせざるをえませんでした。

(これは1走目、サクっとどいてくれた時)

なんでどいてくれない?
さっきはどいてくれたのに(1走目はサクッとどいてくれた)
我々(#57)も想定の外
なら、
なんで追いつかれる?
しかもその前(#55)に自分が追いついちゃって3台連なっちゃった!
お相手(#56)も想定の外。

サービスの後にリグループエリアが設けられていました。
リグループとは、オフィシャルが時間の遅れを取り戻したり、出走順の調整とかを行えるエリア。
追いついた車両に出走順の入れ替えを申し出ることもできましたが、追いついてしまった側からは
お申し出がなかったので、2走目だったしそのまま続行しました。
結果つかえて、その前にまで追っ付いてまさかの3台コンボイと相成りました。

***
ま、これもお互い経験です。
互いに芸の肥やしになって、次また同じようなことになったらきっとサクっと対処できる、
そうなってるハズ。
ラリーはつくづく経験のスポーツだなぁと思います。

惜しむらくは、どうしてこんな出走順になったのか、ということ。
3台コンボイの先頭になってしまった不運なコンペティターは、なんでも初ラリーとか。
車両の排気量で並べたんでしょうけど、経験値も加味して欲しいところでした。
選手権の外ですから、どっちでもいいじゃん そんなとこでしょうか。
いいです淡々と続けます。

ご覧になった方もおいでになると思いますが、YouTube でLive 配信されてたのでリンクを
貼っておきます。

テレビ愛知特設ページ

マイナス1

新城ラリー2022 Day2
SS(スペシャルステージ)は3本です(やれやれ)。
前日のうちに再車検をしてもらえたので、通常スケジュールで車両保管から出すところから
2日目が始まりました。

毎度おなじみ、高低差のある道の酷いサーキット的な『本宮山スカイライン』(元有料道路)を
使った『鬼久保』ステージ、それと雁峰山(がんぽうさん)の中の林道しか使いません。
2018年から数年参加しているだけですが、年々スケールダウンしている感が…
新城ラリーで使う林道は、コーナーがとにかく深くて。
初めて来た時には、試走中珍しく車酔いしました。

2日目で使った雁峰中もよく滑りました…中盤にさしかかる手前に酷い ディップ x ギャップ
があり、ハラハラしましたがそれも含めてだいぶ道のクセが解ってきて、作るペースノートも
だいぶ定まってきました。
昨日のコースオフが惜しまれますが、気を取り直して。
2日目の出走順は、昨日クラストップに立ったチームメイトのすぐ後ろ。

1本走ってすぐサービス。
#57 はなーんもすることなし、増し締め等チェックのみ。
#58 は…タイヤに何か刺さってる?!ことがこの後発覚。
急きょタイヤを換えて臨みました…危ない危ない。

HQ もステージの山も、立派な杉がわんさか。
トイレへ行って、ダンパー調整をちょっとしたらドライバーはもうくしゃみが止まりません。
薬も飲んで、点鼻薬もして、これ以上できることは…もはやなし。
ティッシュで足りず手ぬぐいで鼻をかみ、マイク越しに思いっきりくしゃみ。
キーンってなりました笑

あっという間に(3本しかないしね)終わって、HQ に戻るとちょうどクラス優勝したチーム
メイトがゲートをくぐってインタビューを受けたところでした。

地元のミニ乗りから、地元のラリーストへ。
彼は、我々が新城で走る様子を見て、グレイスを訪ねてきてくれた人です。
始めたのは遅いけど、そんなの人それぞれ。
同様に新城ラリーで我々のミニを見て、岐阜から訪ねてきたミニ乗りが今回彼のコドライバーを
つとめました。
スゴいスゴい。
生活があって、加えて家族とか仲間とか協力者がいて、そんな中でラリーやってる。
真剣です。
車といっぱい対話して、車の嫌がることはしない ➡︎ 車を壊さない、車を壊しづらい
車を素直に動かせば、車はその車の持つポテンシャルを発揮してくれます。
(そうなるようにグレイスは作ってる)
元気に走るミニを、見てる人は見てくれてます。
少しずつ、ファンが増えるといいなぁ…
もうみそっかすなんて言わせない!
(選手権外のオープンクラスは、中継打ち切られたり酷い扱いをされることもありました)

スカスカで欲求不満ですが、チームにとってはいいラリーになりました。
スカスカですから終わるのも当然、早〜い笑

そして極めつけ。
3本しかなかった SS のうち、1本がキャンセルになりました。
若干耐性ができていて驚かないのも困ったものですが…
これでは、地方選のボリュームにも満たないんじゃないんでしょうか。
いろいろ考えちゃいます。

乗れてた

新城ラリー2022 が始まります。
まとまって降った雨は夜半には上がり、キレイに晴れました。
今年も無観客ですが、セレモニアルスタートは…しました。

スタート前に最終調整。
晴れましたけど、路面はどうでしょう。

2本目は高低差が激しくて路面の酷いサーキットみたいなので、天気が良ければ心配なし。
そうは言っても下るセクションは少ないので、排気量の小さい車はいかにロスしないかを
必死に考えて攻略したいところです。

1・3本目は新城名物の狭くて深い林道(レッキで酔う人、結構います)。
きっと乾ききってない。
でも我々が走るのは、選手権の皆々様が40台以上走った後。
彼らが走ってどれだけ乾くか。
泥がどんな状況か(流れちゃってるか、出るだけ出てそれで乾き始めてるか)
杉の枯れ葉がスゴい
苔むしちゃってる箇所が結構ある…

1本目は案の定滑りまくり。
条件悪いと俄然やる気が出るのが、うちのドライバー(店主こと夫)。
皆々様が慎重に走る中(ウチだって慎重ですが)タイムを伸ばします。
2本目の路面の悪いサーキットも、終始7,000回転で無駄せずエコ走行(おかしい?)

サービスを受け、リグループ(順位の調整等する時間)を経て午後のセクションへ。
3本目は1本目のリピートです。
1本目で、1台前(1分前にスタート)の車両に追いついた我々。
割とすぐにどいてくれて、その後自分らのペースでフィニッシュできました。
2本目だしよりドライになってるだろうし、そのまま行ったのですが…

追いついた
しかも2分前もそのすぐ前にいた

そしてどいてくれなかった

で、行き場なくなってコースオフしました。
(1km くらいステージを走るようなスピードで3台連なってコンボイしてた笑)

この立ち姿が、心模様をよく表していますよね…
なかなかに乗れてたんですよ。
パスできる場所はいくらもあったのに、そのつもりで後ろから走っていたのに。

ふかふかの吹き溜まりに突っ込んだので、ダメージほぼなし。
でもフカフカで自力で出られず、今回もスイーパーさんのお世話になりました。

夫の見立て通り、足回りとブレーキに若干の違和感はあるものの自走可能。
サービスにその旨伝えて、えっちらおっちら帰ったらまだラリーは終わってなくて。
通用口から先にサービスに戻り、整備を受けました。
足回り、ブレーキ、それから少々押してしまったボディを直してくれてます。
「ねースライドハンマーないのー?」

おかげさまで再車検も受けさせてもらい、パルクフェルメ(整備後の車両を保管する場所、
一切触れない)へ入れて1日を終えました。

驚いたことに、何人もの人が「どうしたの?何があったの』とサービスを訪ねてくれました。
全日本に出るようになって4年目。
まぁ居るだけで目立つ車ですが、ステージでの走りでも存在感を示せるようになった、ってこと
でしょうか。
ラリーは経験のスポーツ。
そして頭を使います。
私はそこが気に入ってるんです。

さぁ、気を取り直して明日。

今日は Recce(試走)でした

全日本ラリー初戦 新城ラリー2022に来ています。
今日は競技者に許されているステージの試走の日。
550am – 610am の間に受付を済ませ(少し早くから開けてくれていました)出かけます。
ラリーの朝は、基本早いのです。

受付を済ませ、出かけます。
受け取ったばかりのロードブック、レッキ用の追加の道案内、ステージ開設時間のメモ、それに
まっさらのペースノート(←ココにステージの道案内を記していきます)

予報は、のち雨…ステージを走り終わる頃には本降りになりました。
このあたりはまーとりわけ杉の木が多くて、今日は雨だからいいけど明日以降が不安…

主催者は、競技車の動向をアプリケーションで追跡しています。
いわゆるトラッキングシステムというヤツで、どのクルーがどこでどんな状況でいるかが
わかります。

今回無観客ですので目の前で見ることは叶わずとも、画面のこちら側で具に知ることができます。
SS 速報と併せて、ラリーの様子をモニターできます。
新城ラリー公式ウェブサイトに案内があります…是非。

あっという間にレッキは終わり(何せ3箇所だけですからね)、いつもはサービスに任せっきりのサービス受付、競技車の車検準備にかかります。
今回はサービスの面々は金曜深夜/当日朝にそれぞれ現地入り。
車検を受けるところまで、自分らでします。

小さい車ですから、ゼッケン1つ貼るにも実はセンスの差が出るってご存知でした?
…そこまでは言いませんが、少なくとも性格は出ます笑

テント1張、残りの設営は明日。
今回は、地元新城のクラブ員のご縁でサービスをすけてくれる人がいます。
実におっとりとしてますが、すこーしずつ輪が広がるといいんですが。

車検もサクっと終わり、お茶してからホテルへ。
明日からの本戦に備えます。

あっ

腕時計と、予備で持つストップウォッチの時間を合わせてない…!
全日本は、117 の時報のとおりです。
食事から帰って来たら、合わせないと。