FORD v FERRARI

定休日の月曜午後、ケーブルテレビのオンデマンドで期限3日で購入したのは

FORD v FERRARI
(これは公式の予告編です)

これの日本公開は 2020年、当然劇場では見られず初めて見たのも確かオンデマンドでした。
若干歴史と違う脚色はあるものの、何度見てもいい映画です。

ムスタングの新作発表会の会場でキャロル = シェルビーが、フォードがシェルビーと手を組んで
ル・マンに挑戦することを発表するのですが、そのスピーチより。
キャロルが10歳の時に、父親が語った話として語られます。

この世で何をしたいか知っている人は幸せだ。
仕事が苦行でなくなる。
でもそんな人たちはごく…稀です、居ても幸せかどうかはわからない。
しかしそんな人たちが稀にいるのは事実です。
何かに取り憑かれ、事がうまく運ばないと他のことが見えなくなる、私もそうです。

この後、同じような人間をもう1人知ってる(Henry Ford) 、
我々は世界一速い車を作る、と発表する流れです。

***

自己破産したケン = マイルズ(後のGT40 の開発ドライバー)は1度はレースをやめます。
そこへ親友のシェルビーからとんでもないオファーが舞い込み、思いにふけっていると妻のモリーは
激怒、車を爆走させた後にこう言い放ちます。

あなたがしたいことをして幸せに感じたら、私は幸せなんだから!

私は思わず言ってました。
「こんなこと言う人、他探してもウチぐらいにしかいないよ!」
女房殿は伝わってて嬉しかった、と言ってました笑

***

世の中また、物々しい雰囲気になってきました。
暑さも何も爆発傾向?
映画鑑賞でもいかがですか?
いい映画です。

ドラマチック ケロヨン

ケロヨンは、グレイスの若手が動かすレースカー。
Innocenti Mini の純正色、Verde Chiaro( = Light Green)に塗りました。
誰が呼んだか、その名も…ケロヨン笑
我々が競技のフィールドに身を置くのは、テストとデータ取り。
「乗れなきゃ作れない」が、グレイスのモットーですので。

昨年12月5日をデビュー戦と決めて、少しずつ準備を進めてきました。
秋口に手数が減るという災難に見舞われ、一層日々せわしくなりましたが
合間を縫いながらテスト日を迎えました。
昼過ぎにサーキットへ出かけて行った2人。
あーっと言う間に帰ってきて

「どうしよう、壊しちゃった…」

さぁどうする。
そこからはコネクションを駆使して、現地に直接電話!

「コレとコレとコレがいつまでに要るんだけど、送ってもらえる?」

11月の第3週、英国からどっと貨物が到着。
そこからは必死。
ある日は夜なべ(ほぼ徹夜)して組み上げ
ある日は仕事上がってからエンジンの慣らしへ。
ギヤ比がギヤ比だけに、エンジンの回転を考えると、80km/h も出せなかったそうで…
結果、帰ってきたのは11月末の朝が明ける頃。
昼の休憩はボロ雑巾のようになってました。
長いお客様が、「夜通し遊ぶんだ〜」とからかうと、

「仕事ですー!でも出来上がんないと仕事じゃなくなっちゃう!!」

さてデビューの日!
娘が同行しました。
聞けば相当この日を楽しみにしていたんだとか。

昨年、約30年ぶりにミニに復帰した、かつては店主と耐久とか走ってたベテランも、
リハビリがてら走行会枠でご一緒下さいました。
さーすが、昔取った杵柄 ❤︎

さてケロヨンは、予選で感触を確かめながら順調に走るも突然、走れなくなり…
ドライバー(ボディワークスタッフ)困惑…慣らしは済ませたとはいえ、組みたて。
相当気を使っていたというのにどうして???
現場のメカニックから店へ電話がかかってきました…。

頭抱えちゃってるよ…笑(ウソ、店へちょうど電話をしているトコ)
電気系…作業したのは彼らではなく(店主でもない笑)、決勝までにどうにかなるものか。
症状を聞き、応急 でも確実に決勝戦えるようにアドバイス。
限られた時間、限られた備品の中でメカはきちんとまとめ、いざ決勝へ!

しっかり走って、クラス2位!
メカニックもドライバーも、どちらもいい仕事しました。
限られた中で、各々が結果を出しました…よくやった!
そうこれからは、若手は若手でどんどん動いてどんどん魅せて、発信してもらいたい。
若い頃の店主も、そうやって『グレイスのミニのファン』を増やしていきました。

これからが楽しみです。

ウェブサイトがクラッシュしている間に、さりげなくいろんなことがあったので…
箸休め的に、約2ヶ月の空白を時折綴ろうと思います。